『タッチラグビー』とは、簡単に言うとサッカーでいうフットサルみたいなものです。もともとはラグビーのアップなどで使われていましたが、いろいろとルールを決め、それが競技化したものです。ラグビーに比べ試合人数は6人と少ないですが、交替に最大8人まで登録でき、いつでも何回でも交替できます。タックル、スクラム、キックが無く危険が少ないため老若男女誰でも楽しめ、実際に様々な方達がタッチを満喫してます。
試合のすすめ方ですが、キックオフはタップから始めます。攻撃権はタッチ6回まであるので、その中で色々なサインプレーを使ってゲインしていきます。6回目のタッチで攻守交替です。得点は1トライ1点で、これもラグビーとは異なる点です。試合時間は様々ですが、7分ハーフ、10分ハーフ、15分ハーフ、20分ストレート、25分ストレート、30分ストレートなどがあります。
ラグビーがしたコトがなく、不安になる必要はありません。現に日体タッチのメンバーもほとんどが楕円球に触ったコトがなかった人達ばかりです。気になった人は、すぐにタッチを始めましょう!!全国区の大会も多々あり、2007年にはワールドカップもあり、2003年のワールドカップは、ここ日本で開催されました。簡単な説明でしたが、実際に体験するのが一番だと思います。『百聞は一見にしかず』ですよ

[戻る]